本会の患者施術心得

 

 

 

為施術伝授心得告辞

 

一、伝授の施術に「確信」を持つ事可也。

 

  而して

 

一、自己の施術に「自信」を過ぐるは不可也。

 

  即ち

 

確信の施術の為に、常に練功実行致し、研鑽を重ね、患者各位への対応には“一心”改めて「前例の“氣”で向かう事」要す!

 

                                  東洋触気功療術会 会長

                                  東京氣療本部院   院長  岸 義康

© 2015 gikkurigoshi110ban All Rights Reserved.