触気功療術とは…

患部に“気”を通し、気(酸素)量を高めることによって、
自然治癒力を目覚めさせ、自己快復力を高揚・活性化します

日本武術の示現流の療術と中国の
気功医療を合成した療法です。
気功を熟達した施術士が下丹田に
気を溜め、手のひら、指より
患者の症状患部へ直接触れて、
気穴(ツボ)に気を通します。

触気功で患部経絡等へ気を
注入することにより、
自然治癒力を目覚めさせ、
患者の 本来持っている
自己快復・
治癒力が活性化され、
快復を飛躍的に促進させるのです。

「腰椎牽引気功」(特許牽引ベッド)


両胸脇の気源(中府)、および両膝やや上部内外の気穴(血海・梁丘)に
“気”を入れ、腰椎部 を安定させた上牽引します。
この施術により狭窄された腰椎を正常位に治め、脊椎系骨格を矯正します。

■当院の施術内容

「電気気功」


電気回路(低電圧交流)に“気”を乗せて、
全身の気穴に気を注入します。
一度に大量の“気”を患部気穴・筋肉系に入れることにより、
凝固・炎症した患部の筋肉痛等が速やかに改善されて、

柔軟で弾力のある状態に快復されます。

「背部調整気功」


背部(首から足指先迄)から触気功を行い、
全身の気穴・筋肉系より”気”を入れます。
各椎骨を支える筋肉系に“気”が入ることにより、
柔軟で弾力のある身体に向上されます。

「施術後の身体保全気功(呼吸)運動の指導」


施術後に、かんたんな運動を指導しています。
脊椎・腰椎系を自身で身体を動かすことによって、
正しい位置における骨格・筋肉の柔軟化と、
内気を高め、全身の気を充実、
血流の調整を促す気功(運動)です。

触気功による主な療術内容


ギックリ腰、慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、関節炎、股関節痛、五十肩、肩こり、捻挫、
顔面麻痺、花粉症等にも効果があります。
その他腰を中心とした併発症状(筋肉シビレ、生理痛等)、体調維持・健康保全のための定期的療術も
ご相談ください。

© 2015 gikkurigoshi110ban All Rights Reserved.